コンドロイチン 効果

MENU

コンドロイチンの効果とは?辛い神経痛の症状を改善する話題の成分!

突発的に起きる、電気が走るような鋭い痛み…

 

神経痛に悩まされている人は日常の生活やちょっとした行動にも非常に苦労を強いられているのではないでしょうか。

 

 

神経痛は様々な要因が原因となって神経が圧迫されているために起こる症状。

 

その改善のためには圧迫している原因を取り除いてあげなければなりません。

 

 

そんな中、神経痛の改善に効果があると注目されているのがコンドロイチン

 

神経痛の薬・医薬品にも配合されていて、その効果は学会などでも多くの支持を受けているんです。

 

 

話題の成分、コンドロイチンの効果とは?

 

神経痛に効果があると注目を浴びているコンドロイチンですが、そもそもコンドロイチンとは一体どんな成分なのでしょうか?

 

  コンドロイチンとは?

 

コンドロイチンは私たちの身体に元々存在しているムコ多糖類の一種。
水を抱き込む能力に長け、細胞同士の潤滑剤として機能している成分です。
20代までは体内で生成されますが、加齢と共に生産量が減少してしまうといわれています。

 

私たちの身体の関節部分には軟骨という骨があり、その軟骨がクッションとなって骨と骨との衝撃を吸収してくれています。

 

コンドロイチンは、その軟骨を構成する大切な成分

 

これが加齢と共に減少してしまい軟骨のクッション機能が失われると、骨と骨の間に隙間ができたり、骨格がズレたりしてしまいます
そのズレが神経を圧迫し、痛みを発症させるのです。

 

 

つまり、神経痛を原因から解消するにはコンドロイチンをしっかり補充するのが大切ということですね。

 

 

コンドロイチンを効率よく摂取するには?

 

コンドロイチンが含まれている食べ物として代表的なものは以下のものが挙げられます。

  • 納豆
  • オクラ
  • 山芋
  • ウナギ
  • フカヒレ

少し乱暴な言い方になってしまいますが、基本的にネバネバしている食べ物に含まれていると覚えてもいいかもしれません。

 

 

とはいえ普段の食事からコンドロイチンを摂るだけでは神経痛を早急に改善するには物足りません。

 

コンドロイチンを配合している医薬品などを服用することが効率よく摂取する一番の方法だといえるでしょう。